タソライフ

オタクの備忘録

ハムレットSC(sp/ace project)を見てきました

妹に誘われて初めてのスペプロ、初めてのハムレット

誰もが(名前だけは)知っている(であろう)シェイクスピアの戯曲を松崎史也氏が脚色と演出を担当し、今回は悲劇としてのハムレットと喜劇としてのハムレットの2パターンを上演するというもの。SCのSはシリアス、Cはコメディ。どちらもめちゃくちゃ楽しかったです。入門編にぴったりなんじゃないかなーと思います。


f:id:tasotoro:20181008232440j:image

看板が妙にかわいくて萌えた。初ラゾーナ川崎プラザソル

 

美しくて悲しかったほう

まずはシリアス(マチネ)。

喪服をイメージさせる黒基調で現代の洋服をつなぎ合わせた独特の衣装が物語の歪さを際立たせていました。美しく悲哀に満ちた物語。苦悩する人としてのハムレット

ただ本当に素敵だったからこそ田口さんの演じるハムレットで墓場のシーン見てみたかったなあとはちょっと思ったかな。

こちらは”語り”の役である浅倉祐太さんのミステリアスな存在感がこの物語の持つメッセージをよりわかりやすく伝えてくれていて印象深かったです。シリアス・コメディの両方で同じ”語り”をされていたのでいい対比の基準になっていました。中盤だったかな、「~だが、ある、物語。」の一連の台詞がとても好きです。そこにはなくても存在はしている。為されなくても可能性はある。めちゃくちゃ引き込まれてしまって今でもはっきりとその姿と声を思い出すことができます。素敵だったなあ…。

オフィーリアも最初はえっギャルい美人さんが出てきたが…とびっくりしたしまったんだけど、次のシーンでレアティーズお兄様ときゃっきゃうふふしている時にはもう可憐な乙女でしかありませんでした。そこにいるのは美しく貞淑なオフィーリア。誰よりも幸せな王女になっていたはずの、でもなれなかった悲しいヒロインのオフィーリア。え~すごい。かわいい。めっちゃきれい。好き。そんなオフィーリア役・古泉千里さん、ドラマ 今日から俺は!のヒロインの友人役としてご出演されるそうなのでとても楽しみです。

それとレアティーズ。戦士として、兄として、息子として、大切な友人の1人であったハムレットを倒さねばならないと決心したときのその眼が素敵でした。原作と違いずっと城にいたので、オフィーリアへの(理由はあれど相当に酷い)侮辱を真正面から受けたり、父親の死をすぐに聞きつけて王へ1人特攻したり、オフィーリアの狂乱と死を目の当たりにしたりと彼視点での状況の悲惨さがかなり増していました。だからこそより魅力的というか、最期の一言を聴いてと更に彼を愛してしまうのです…本当に悲しい。

あとハムレットはね~…支配人とかもういいからこういうのもっとちょうだい(画像略)って感じだった。何の支配人とは言わないけど、あまりにも良くて、なんか、ため息出てた。最後。めっちゃいいもん。すげえいいの。前髪の長さとかまで感動してきてたもん、最期のシーン。口角を少しだけあげるしゃべり方がとても、とてもいいなと思いました。ホレイショーもね、なんか影で暗躍してそうでよかった(そんな褒め方あるか)。

 

楽しくて悲しかったほう

続いてコメディ(ソワレ)。こちらもかなりよきでした…

友人にハムレットのあらすじを説明していたときに「それもう笑えてきちゃうね」と言われたことがあります。みんなどこかおかしい。何かがズレている。そのおかしさを狂気ではなく笑いで表現している。コメディ版ホレイショーの台詞を借りると「できるだけ面白おかしく、彼の愛した演劇で」語り継ぐことで最愛のハムレットを弔おうとしたホレイショーが見た夢のような物語。

こちらはシリアスと打って変わり衣装もヘアメイクも華やかで煌びやか、キャラクターがみんな本当にかわいくて一目見ただけで愛せてしまう。だからこそ不条理にやってくる死がより一層重たい。直前までみんなで楽しく笑っていたのにその数秒後にやってくる悲しみが突き刺さる。その場に生きている感じがより強くて、だからこそ余計に好きになってしまうし余計に悲しくなるんだろうなあと。

ハムレットの愛され感がひしひしと伝わってきてとても辛くなるけどにっこりもしてしまう。

コメディ主演の澤田さんが自分は笑いのない演技ができないたちなので、とカテコで言っていたけれど全くそんなことはなかったです。もちろん笑いに全力で、それと悲しみや怒りのコントラストは本当に見事でした。松崎氏も「彼の本質に触れてみたくて」ハムレットを演じさせたとパンフレットで語っていたのだけれどどうだったんだろう。少なくとも私は笑えるシーンとシリアスなシーンのコントラストをはっきりつけられる稀有な方だなと思いました。

あとレアティーズ役の阿瀬川健太さんもよかった!ほかの作品で拝見したことはあったんですがこういうキャラクターは初めてで。新鮮だったのもあるけれど、シリアスのレアティーズよりも情緒的にやや幼く描かれていたのでひたすら可愛くて。「兄だぞ☆」やエア裁判などのコミカルな動きや台詞と、最期倒れる中で見せた穏やかな表情は良いギャップでした。阿瀬川さん、かもめを昨年やられていたときにめちゃくちゃ見たいなあでもどうあがいても都合つけられねえなあと断念したのを思い出し、当時の自分の馬鹿!となっています。いきたい舞台はいきたいときに絶対にいこう。

 

SC両方見て:とにかく良かったです

シリアス・コメディを通して特にいいなと思ったのは(シェイクスピアヤベーなこんな台詞を職業俳優の人らにに言わせるのマジでヤベーな最高ジャン…)という感想を抱いた「役者とは~」の部分。ここは特にタイプが大きく異なる俳優二人に、これまた全くタイプの異なる”ハムレット”を演じさせる試みが活きた瞬間だったのかな、と。えらそうなことはいえないけど。

 

あとどちらも”役者”役の女優さんたちがかわいくてかわいくて!シリアスの新原美波さんは色っぽくて怪しげ。コメディの田中里奈さんはとてもチャーミングで愛らしい。2人とも劇団員として出てきた瞬間かわいい!と目が離せなくなってしまってもっと舞台上で見ていたかった。というか出演されていた女優さんたち本当にみんな好きになってしまったので浮気オブ浮気アンド浮気って感じでした。書いていったらきりがないのでしぶしぶ割愛しますけど。

え~~~~んきれいなおねえさんがすきだよ~~~~~~

 

さいごに

ちょ~どうでもいい話ですが個人的に今回の会場近辺とっても過ごしやすかったのでルンルンでした。その日たまたまクソ暑かったこと以外は、ホテルの選択肢も多くお値段もお手ごろ飲食店が豊富でマチソワ間の暇つぶしだけでなくちょっと早めにいってプレ等のお買い物もできちゃう好立地、駅直結のアクセスしやすさというメリットの多さ。今回利用したのはサンルートだったんだけれど、朝食がホテル併設のカフェで4種類のセットから選ぶ形式でゆっくり食べられたのでそこもよかった。コーヒーもおいしかったし。駅から少し歩いたけど迷わなかったしおすすめ。また川崎に行くことあっても困らないな~。総じてとても楽しいいちにちでした!

 

なにかありましたら

チャンタソにマシュマロを投げる | マシュマロまでどうぞ!

 

 

アウトプット

やること山ほどあります、現在修羅場の院生おたくです。はてなを開いている場合ではありませんがパンク寸前なので趣味に関する最近の出来事をアウトプットします。

 

半年後の予定が埋まり始めている

00の舞台無事取れたので2019年の手帳を買いました。サンリオオールキャラのものと死ぬほど悩んだけどシンプルなやつにしてニヤニヤしながら来年の予定を書き込んでいます。正直有料会員の先行で外れたら虚無なんでそういう意味でも安心しました。もうだいぶ譲渡出てるんで気になる人はぜひ一緒に行きましょう。松崎演出も松崎脚本も嫌いな人は陳腐だとかつまらないとか言うけど私は結構好きなので(2017年のprstの亡霊です)割と楽しみ。ただまだ大事なキャラのキャストが出てないのが気になるんですよね、まさかそこ全カットするわけないだろうしソワソワしています。もし全カットするなら早速2019年虚無…ピ…にノミネートできるのではとそちらの意味でも期待大ですね。まあ、現時点でさすがにもうこの人出すわけないよね(出るのでは??????)となってる方がいて、まさかね(出るのでは?????????)。

 

小心者なので非公開にした記事があります

あります…というのもオ…ド…の件でさすがにそれはねえだろと思ったのでもし検索とかでライブハウスについての記事がひっかかってルールは破るためにあるみたになっても責任とれないので非公開にしました。前言撤回みたいでくそかっこ悪いので懺悔させてください。エーン 

 

推しが事務所に入りました

推しがフリーじゃなくなりました~!やった~!パチパチ 本当に嬉しいです。しかも個人FCもあってイベントもちゃんと予定していた日(の次の日)にやります!いや約束してくれた日じゃないじゃんとなりましたがまあいいです!

推しさんは完全に管理してくれる人がいないとドタバタしてズルズルとダメになるタイプの人なのでは…?となっていたので本当に安心しました。俳優業(とやりたいこと)に専念できる環境になるのではないかなと思います。予想外な所属でしたが推しさんが選んだ道ならオールオッケーです!これからも信じて推していきます。世界一カッコいいので。

 

 

 

最近はyonigeばっか聴いてる。秋だしこういう曲が映える季節。


yonige「さよならプリズナー」【Official Video】

おたくバッグの中身は夢と現実のスワール

あまりにも楽しくない記事が続いたので無理やりテンション上げるために無駄な更新をします。

かばんのなかみは(古の支部のタグ) が大好きだったのでおたくするときの持ち物について書きます。

かばんのなかみは

f:id:tasotoro:20180911111428j:plain
f:id:tasotoro:20180911111525j:plain

1. iPad air 2
カバーはAmazonで購入。主に移動中にゲームをしたりする。


2. ボールペン・マーカー
ボールペンはジェットストリームの3色のやつ。マーカーはポチャッコの大好きなバナナアイスの香りだよ♡っていうやつ(どんなやつだよ)。


3.バナナクリップ
GUで安くなっていたからてきとーに買ったけど便利すぎてバッグにいつも入れてある。


4.ガム
てきとーに買っててきとーに入れっぱなし。食べ切らずに新しい味買いがち~。


5.キーケース
自宅の鍵です(当たり前体操)。


6.財布
成人祝いに母からもらったコーチ。かわいいけどちょいぼろい。


7.巾着(小)
タキシードサムはちゃめちゃかわいくないですか?らぶい。
中にはモバイルバッテリーと充電器とコードまとめて入れてある。


8.小銭入れ
最近はふんわりかわいいパステルカラーのグッズが多いんですけどやっぱりポチャッコといえばこの太い輪郭線とバキバキの青だと思うんですよめちゃくちゃかわいいし yorimiti dog... nakayoshi... って感じしますよね(ここまで早口)。


9.お粉
雪肌精のプレシャススノーⅡをバッグに直接ぶちこんでいる。さらさらするしラメとか入ってないから使いやすくて好き。


10.スケジュール帳
マンスリータイプ。これとスマホアプリのライフベアを併用している。ワーキングメモリが強くないのでとにかくメモ、視覚化。


11.ポーチ(大)
でもやっぱりパステルカラーのグッズもSUKI…(おたくなので)。お直し用のシートとか綿棒とかその日使ったアイシャドウとかいろいろ入れておくやつ。今見たら印鑑も入ってた(何かと便利なので)。


12.ポーチ(小)
コナンのナナコカードを作ったときにおまけというか実質こっちメインだったのかな、とにかくついてきたやつ。ティッシュポーチなんだけど中にはリップと目薬と常備薬をまとめて入れてある。


13.フレグランス
オハナマハロのナンタラカンタラってやつ(ロフト限定だったっぽい)。前はジミーチュウのオーデコロンだったんだけど推しが香水よくわかんないけど柔軟剤の匂いは好き~みたいなその辺無頓着マンだったことが判明したのでもっと単純な分かりやすくいいにおい~ってやつにしようと思って変えました。エーン


14.名刺
いつどこで同業者に会えるか分からないしもし会えたら絶対に繋がりたい(?)ので。普通にマジな名刺を持ち歩いています。


15.チケットホルダー
マスクケースをそのままチケットホルダーとして使っている。蓋つきで便利なのとこのポムがめっちゃかわいいからこれ。


あとはここにお手紙や便箋、プレが増えたり。特別なことはなんにもないけどお出かけ用のバッグに色々詰めてると明日推しだ~ってテンションあげられるからいいですよね。

以上です^_^



ここから蛇足

そういえば前回さんざん愚痴った推しについてですが、もうめちゃ勝手な期待してすみませんでしたねって感じで。
アホみたいに信じてた自分がマジのアホ。だから私が悪いねハイハイすみませんでした!プレだけ送るんでどっかで使ってくださいって感じです。もうやけくそです。むかつく〜!自分にもむかつくし推しにもむかつく!でも推しのことめちゃくちゃ好きなのは変わらないしずっと好きなのは確定した未来!何もあきらめたくない!どうしたらいい!辛いもの食べたい!お酒が飲みたい!フォーナインを水筒にいれて持ち歩きたい!どうしたらいいかよくわかんないしめちゃくちゃ辛いのでサンリオのアプリに課金します。それでは!!!!!!無理


なにかありましたらaboutページからマシュマロへ飛んでください。

解散する大好きなバンドの話と推しの話

解散って文字がもう強い。

 いつも閲覧やスターありがとうございます。今回は解散してしまう大好きなバンドのことを考えていたら推しのほうまで思いをはせてしまいやるべき作業が手につかなくなったのでアウトプットを兼ねて書きます。なので文章がいつにもまして”散文”です。よろしくおねがいします。

 

続きを読む

三秒間君に見惚れて(三秒じゃ足りない)

つまり、思えば私は物心ついたときにはすでにガチ恋オタクだった。

というのも夜さんのこの記事を読んでいてめちゃくちゃわかりまくりて候だったので。

yorumushi.hatenablog.com

自分の気持ちに関して他人の記事を引用するというのはあまりよくないなと思いつつも適格すぎたのでお借りします。

 

ガチ恋の人は「自分はガチ恋じゃない」と否定しがちです。 「親目線だから」「ただのファンだから」が口癖の人は潜在的ガチ恋、いうなればガチ恋予備軍ではないでしょうか。わざわざ口に出して自分に言い聞かせてるとこありませんか。無いですか。すみません。

ガチ恋とは - 欠けた月の裏

それなんだよな~~~~!!!!!!!!!(それ!!!!!!!!!!!)

 

ガチ恋じゃないならガチ恋じゃないなんてわざわざ言わない。火のないところに煙は立たない。アーイ

友人にメンズ地下アイドルのおたくが一人いてガチ恋(リアコ)について少し真面目に話をしていたのですが、同担が無理な気持ちがある以上それはガチ恋というところに落ち着いた。

解釈違いだから同担が無理なのであってガチ恋じゃないから!!っていう気持ちがもともとあったんですが突き詰めてみればその解釈って自分の中に推し像っていうのがあるってことで、自分自身の中に推しという存在がしっかりあるからこそ発生する現象なんじゃない?それはつまりガチ恋じゃない?

 

先の友人は認知厨だし同担大丈夫と言いながらも同担から嫌われるタイプなので私の中の定義でいけば十分リアコなんだけど認めないので面白かったです(こら)。(バイトで一回一緒になったことがあるメンズ地下アイドルのおたくをしているJKは最初に堂々とリアコの同担拒否なんでよろしくお願いします!と言っていてそれも面白かったです。メンズ地下アイドル界隈は大変そうだった。)

 

これは本当なんですが、俳優の推しさんについては本当に素敵すぎて私は付き合いたいと思わないし付き合うなら〇〇さんと付き合ってくれと切に願っているようなおたくなので狭義のガチ恋おたくには当てはまらない。でも推しの好みをしっかり調べその通りであろうと真剣に思うし、観劇やイベントの時には推しのおたくと周りにバレても恥ずかしくない姿でありたいと思うし接近なら隣に並んで様になる姿を目指すしそういうのは完全にガチ恋のそれじゃない?自意識とか、自己愛じゃ説明しきれない対象愛の領域では?という感じにもやもや~っとしていたけれど今日を機にガチ恋であると認めることにしました!!!!!!どうでもいいオブザイヤー

 

真面目な話、ガチ恋であるというのは別に恥ずべき事でもないしそれが他害する要因にならなければめちゃくちゃ普通のおたく心なんだろうとも思ったのでした。

 

ガチ恋ってめちゃくちゃ楽しいし自傷他害レベルになるほど精神を病まなければぜ~~んぜん問題ないと思うのでさっさと認めてみんな楽しくおたくしよう。 私はほかのジャンルにも推しがいるので例えばCRとか略されるクソパンダレーベル所属の銀髪のバンドマンの彼女だし基本スタンスがゆるふわガチ恋おたくなんですよ、たぶんね。

 

ゆるふわガチ恋おたくといワードを出したけれど、そもそもガチ恋には濃度があると私は思っていて、ガチ恋スペクトラム*1ともいえると思います。

ガチ恋と一口に言ってもその気持ちの深い⇔浅いは人によって違う。

濃くて深いところでガチ恋しているおたくは本気でその人しかないっていう恋をしていてback numberの2ndアルバム”あとのまつり”を聴いたら泣いちゃうだろうしカノバレした日には絶望の淵。中間のおたくはたまにふか~~~いところで病むこともあるだろうけど基本的にはちょうどいいバランス。浅いおたくは濃いおたくと相容れないだろうけど本人なりに楽しくガチ恋してる。私は最高濃度を100とすると30~40くらいをフワフワしてます。浅いといっても軽いわけじゃないし、深いほど強いわけでもない。

 

このあいまいなガチ恋という概念はおたくをしているからこそ共有できるものなんじゃないかなあと思っています。何が言いたいかというとガチ恋じゃない!って言ってるやつは全員ガチ恋おたくだしガチ恋おたくはガチ恋おたくなりにめちゃくちゃ楽しくおたくができるよっていう話でした。さあ、zozoで新しい現場用の服でも見よう。

 

 

 

BGMはこれでした。内容になんら関係ない。

HUMANIA

HUMANIA

  • NICO Touches the Walls
  • ロック
  • ¥2100

 

*1:連続体という意味です。ASDとは何の関係もないのでそこをたたかないでください。

ラブレター・フロム・オタク

 

以前から考えてはいた若手俳優に送る手紙の話。最近手紙を書いていてふとここにも残しておこうと思ったので少し前(だいぶ前か?)に話題になっていたエントリから一部お借りして書いていこうと思います。昔から手紙を書くこと自体が好きだったのでファンレターとかも好きなバンドのメンバーや声優さんたちにも細々送ってきたけれど、今回は俳優の推しさんについて書いていこうと思います。

 

参考にさせていただいたエントリ(問題あればお手数ですが連絡ください)

続きを読む

誰にもなれなかったけどただ今日も僕を必要だと思ってくれたら

ダンガンロンパ3の感想と思ったこと。

大阪千秋楽見て帰ってきたら駅にめちゃくちゃサッカーチームのユニフォーム着た人いて今日何かあったのかな?と思ってよく見たらback numberのツアーTだった。我2011年のツアーTパジャマにしてる奴ぞ?という顔で歩いたけどそんなことはどうでもいい。久しぶりにback number聴きながら電車に揺られていたんだけどめちゃくちゃ逆蔵十三のこと考えちゃってめちゃくちゃエモくなっちゃった。(以上前置き)

続きを読む