tasolife

オタクの備忘録

ハムレットSC(sp/ace project)を見てきました

妹に誘われて初めてのスペプロ、初めてのハムレット

誰もが(名前だけは)知っている(であろう)シェイクスピアの戯曲を松崎史也氏が脚色と演出を担当し、今回は悲劇としてのハムレットと喜劇としてのハムレットの2パターンを上演するというもの。SCのSはシリアス、Cはコメディ。どちらもめちゃくちゃ楽しかったです。入門編にぴったりなんじゃないかなーと思います。


f:id:tasotoro:20181008232440j:image

看板が妙にかわいくて萌えた。初ラゾーナ川崎プラザソル

 

美しくて悲しかったほう

まずはシリアス(マチネ)。

喪服をイメージさせる黒基調で現代の洋服をつなぎ合わせた独特の衣装が物語の歪さを際立たせていました。美しく悲哀に満ちた物語。苦悩する人としてのハムレット

ただ本当に素敵だったからこそ田口さんの演じるハムレットで墓場のシーン見てみたかったなあとはちょっと思ったかな。

こちらは”語り”の役である浅倉祐太さんのミステリアスな存在感がこの物語の持つメッセージをよりわかりやすく伝えてくれていて印象深かったです。シリアス・コメディの両方で同じ”語り”をされていたのでいい対比の基準になっていました。中盤だったかな、「~だが、ある、物語。」の一連の台詞がとても好きです。そこにはなくても存在はしている。為されなくても可能性はある。めちゃくちゃ引き込まれてしまって今でもはっきりとその姿と声を思い出すことができます。素敵だったなあ…。

オフィーリアも最初はえっギャルい美人さんが出てきたが…とびっくりしたしまったんだけど、次のシーンでレアティーズお兄様ときゃっきゃうふふしている時にはもう可憐な乙女でしかありませんでした。そこにいるのは美しく貞淑なオフィーリア。誰よりも幸せな王女になっていたはずの、でもなれなかった悲しいヒロインのオフィーリア。え~すごい。かわいい。めっちゃきれい。好き。そんなオフィーリア役・古泉千里さん、ドラマ 今日から俺は!のヒロインの友人役としてご出演されるそうなのでとても楽しみです。

それとレアティーズ。戦士として、兄として、息子として、大切な友人の1人であったハムレットを倒さねばならないと決心したときのその眼が素敵でした。原作と違いずっと城にいたので、オフィーリアへの(理由はあれど相当に酷い)侮辱を真正面から受けたり、父親の死をすぐに聞きつけて王へ1人特攻したり、オフィーリアの狂乱と死を目の当たりにしたりと彼視点での状況の悲惨さがかなり増していました。だからこそより魅力的というか、最期の一言を聴いてと更に彼を愛してしまうのです…本当に悲しい。

あとハムレットはね~…支配人とかもういいからこういうのもっとちょうだい(画像略)って感じだった。何の支配人とは言わないけど、あまりにも良くて、なんか、ため息出てた。最後。めっちゃいいもん。すげえいいの。前髪の長さとかまで感動してきてたもん、最期のシーン。口角を少しだけあげるしゃべり方がとても、とてもいいなと思いました。ホレイショーもね、なんか影で暗躍してそうでよかった(そんな褒め方あるか)。

 

楽しくて悲しかったほう

続いてコメディ(ソワレ)。こちらもかなりよきでした…

友人にハムレットのあらすじを説明していたときに「それもう笑えてきちゃうね」と言われたことがあります。みんなどこかおかしい。何かがズレている。そのおかしさを狂気ではなく笑いで表現している。コメディ版ホレイショーの台詞を借りると「できるだけ面白おかしく、彼の愛した演劇で」語り継ぐことで最愛のハムレットを弔おうとしたホレイショーが見た夢のような物語。

こちらはシリアスと打って変わり衣装もヘアメイクも華やかで煌びやか、キャラクターがみんな本当にかわいくて一目見ただけで愛せてしまう。だからこそ不条理にやってくる死がより一層重たい。直前までみんなで楽しく笑っていたのにその数秒後にやってくる悲しみが突き刺さる。その場に生きている感じがより強くて、だからこそ余計に好きになってしまうし余計に悲しくなるんだろうなあと。

ハムレットの愛され感がひしひしと伝わってきてとても辛くなるけどにっこりもしてしまう。

コメディ主演の澤田さんが自分は笑いのない演技ができないたちなので、とカテコで言っていたけれど全くそんなことはなかったです。もちろん笑いに全力で、それと悲しみや怒りのコントラストは本当に見事でした。松崎氏も「彼の本質に触れてみたくて」ハムレットを演じさせたとパンフレットで語っていたのだけれどどうだったんだろう。少なくとも私は笑えるシーンとシリアスなシーンのコントラストをはっきりつけられる稀有な方だなと思いました。

あとレアティーズ役の阿瀬川健太さんもよかった!ほかの作品で拝見したことはあったんですがこういうキャラクターは初めてで。新鮮だったのもあるけれど、シリアスのレアティーズよりも情緒的にやや幼く描かれていたのでひたすら可愛くて。「兄だぞ☆」やエア裁判などのコミカルな動きや台詞と、最期倒れる中で見せた穏やかな表情は良いギャップでした。阿瀬川さん、かもめを昨年やられていたときにめちゃくちゃ見たいなあでもどうあがいても都合つけられねえなあと断念したのを思い出し、当時の自分の馬鹿!となっています。いきたい舞台はいきたいときに絶対にいこう。

 

SC両方見て:とにかく良かったです

シリアス・コメディを通して特にいいなと思ったのは(シェイクスピアヤベーなこんな台詞を職業俳優の人らにに言わせるのマジでヤベーな最高ジャン…)という感想を抱いた「役者とは~」の部分。ここは特にタイプが大きく異なる俳優二人に、これまた全くタイプの異なる”ハムレット”を演じさせる試みが活きた瞬間だったのかな、と。えらそうなことはいえないけど。

 

あとどちらも”役者”役の女優さんたちがかわいくてかわいくて!シリアスの新原美波さんは色っぽくて怪しげ。コメディの田中里奈さんはとてもチャーミングで愛らしい。2人とも劇団員として出てきた瞬間かわいい!と目が離せなくなってしまってもっと舞台上で見ていたかった。というか出演されていた女優さんたち本当にみんな好きになってしまったので浮気オブ浮気アンド浮気って感じでした。書いていったらきりがないのでしぶしぶ割愛しますけど。

え~~~~んきれいなおねえさんがすきだよ~~~~~~

 

さいごに

ちょ~どうでもいい話ですが個人的に今回の会場近辺とっても過ごしやすかったのでルンルンでした。その日たまたまクソ暑かったこと以外は、ホテルの選択肢も多くお値段もお手ごろ飲食店が豊富でマチソワ間の暇つぶしだけでなくちょっと早めにいってプレ等のお買い物もできちゃう好立地、駅直結のアクセスしやすさというメリットの多さ。今回利用したのはサンルートだったんだけれど、朝食がホテル併設のカフェで4種類のセットから選ぶ形式でゆっくり食べられたのでそこもよかった。コーヒーもおいしかったし。駅から少し歩いたけど迷わなかったしおすすめ。また川崎に行くことあっても困らないな~。総じてとても楽しいいちにちでした!

 

なにかありましたら

チャンタソにマシュマロを投げる | マシュマロまでどうぞ!