echo:

旧タソライフ 名前を変えました

ラブレター・フロム・オタク

 

以前から考えてはいた若手俳優に送る手紙の話。最近手紙を書いていてふとここにも残しておこうと思ったので少し前(だいぶ前か?)に話題になっていたエントリから一部お借りして書いていこうと思います。昔から手紙を書くこと自体が好きだったのでファンレターとかも好きなバンドのメンバーや声優さんたちにも細々送ってきたけれど、今回は俳優の推しさんについて書いていこうと思います。

 

参考にさせていただいたエントリ(問題あればお手数ですが連絡ください)

 

本編・お手紙の中身は

 

1.宛名

 

フルネーム+様。装飾もほぼなくシンプルに黒色のみ。人の名前に勝手に色をつけるのもなあと思って…青色までは許容範囲だと思うのでたまに青色使ったりしたけどなんか野暮ったかったので結局は黒色のみ。本文内は下の名前+さん付け。くんって呼びたいけど萎縮してしまう…。

 

 

2.書き出し

公演見るときに渡すなら<舞台○○ご出演おめでとうございます>、イベントなら<イベント開催おめでとうございます>、その他はこんにちは~+日本の時候の挨拶。時候の挨拶ってマジで美しいよね。最初と終わりきっちりしてたら知的な感じするしせっかく日本語で手紙書いてるんだからそこはしっかりしたいなあと思って。その発想が知的じゃないけど。

 

 

3.内容

 

舞台の感想、この間のここが良かった、相変わらずかっこいいですね、最高ですね、みたいな。褒めたおすことを心がけています。私事は最小限にしたいけど、やっぱりうれしいことがあったよ~とか推しさんのおかげでがんばれてるんだよ~みたいなことは書いちゃうなあ。なるべくたくさんいいところを書きたい。もし自分が若手俳優だとして言われてうれしいのはかっこよかったところだよなあって。

1mmもだめだしをしないことはないんだけど(稀にイベントの運営とかSNSの発言とかど~~~しても気になったときだけ)褒めて伸ばしたい。のびのび盲目オタクです。千秋楽なら次のお仕事楽しみにしてます~って書いたり。

その時々でだいぶ変わるけど基本はそんな感じかな。

 

 

4.締め

 

次は○○ですね~楽しみにしてます!お体気をつけて~みたいな感じ。あとは例によって時候の挨拶を。締めの言葉は難しいから同じような内容に頼っちゃうなあ。

 

 

5.渡す頻度

 

公演を見る回数+月1ペース。平均するとそれくらいになると思う。

 

 

6.手紙の量

 

多くても3枚には収めたくてがんばってる。少ないときは潔く書かない、中身も薄いからつまらないだろうし。開封して取り出して読むっていう労力を強いるわけだからどうせならしっかりしたものを送りたいと思う。長すぎてもしんどいし結局ダラダラ書いちゃってるだけだろうからそれもそぎ落としてもっとまとめられるだろう、と書き直す。

 

 

7.手紙の種類

 

某メーカーの某シリーズ固定。その中から舞台の雰囲気や季節に合わせて柄を選んで買ってる。割高だけどレターセットを選ぶということ自体が好き。

少し前はここのものを使ってました。

とある声優さんにお手紙書いていたとき使っていたもので、その名残。AIUEOの文具好きでステッカーとかもいろいろ持ってるんだけど、ヴィレヴァンか一部のロフトやハンズでしか見ないから買いにくいかも。でもおすすめです。便箋のほうは割りと間隔が広いから量かけない人にも。

あんまりごちゃごちゃしすぎていなくて読みやすくて、本文しっかり書けるものが好み。雑貨屋さんとかでめちゃくちゃ悩むのも楽しい。

 

 

 

番外編・筆記具について

 

みんな何で書いてるんだろうって思って。中高生のころなぜか黒色インクのボールペン大好きおたくをしていたので安くて字が勝手にきれいに見えるようなボールペンを探して好んで使っているんだけどおすすめとかあったら聞いてみたい。装飾が上手な人たちにも何で描いてるか聞いてみたい…

とりあえず語りたいので私の好きなボールペンを厳選したので紹介します(アフィではないです)!

 

三菱*ジェットストリーム <0.38mm>

 

 みんな大好き(?)ジェットストリーム。0.38っていう絶妙な細すぎず太すぎずの幅が字をきれいに見せてくれるし何よりすごく書きやすい。インクの色もパキっとしたブラックで便箋に映える。難点はグリップ部がやや短くて曲線状になっているから力がこもりやすくて手が痛くなりやすいこと。たくさん書ける油性ボールペンなのに…あと手汗でねちょねちょしやすい。私だけ?

 

シナモロール ジェットストリーム3色ボールペン

シナモロール ジェットストリーム3色ボールペン

 

 なので今はサンリオコラボデザインのやつに多色用0.38mmの替え芯買ってきて入れ替えて使ってる。最強卍のボールペンなのでマジで使ったことない人は一回使ってみてほしい。多色毛嫌いしてたけどジェットストリームは良い。名入れができるちょっと高いシリーズも出てるよ。

 

 

ぺんてる*エナージェル <0.38>

 

 ゲルインクのボールペンの中では一番好きかもしれない。元々はシグノとかサラサとか使ってたんだけどインクがボタっと溜まる瞬間があってどうにも美しくないのが難点で…エナージェルはその点ずっとフラットに書けるしかすれが少ない。そしてとにかくまっすぐなフォルムが美しいよね!私は鉛筆を正しく持てない人間なので持ちやすい疲れにくいを売りにしたボールペンやシャーペンが使いにくくてしゃあないのです。これはその点見た目の美しさガン振りだろうと思わせておいての使いやすさ。力も変に入ってしまうことがないので細い芯のボールペン特有の変な癖字になることも少なく大変おすすめです。

いつもよりも丁寧に書きたいとき(誕生日や個イベなど)はこれ。ただし0.5だとすぐにインクがなくなるし美しくないので先端部の美しさも含めて絶対に0.3を探して買うべき。ぺんてるのボールペンたちはどれもこれも美しい。先端周辺にインクが乾いてこびりついたりもしないからいい。

 

 

 パイロット*筆まかせ

 

フデペン フデマカセ EF B

フデペン フデマカセ EF B

 

 これは宛名書き用。これはすごいよ。名前の通り適当に書いても勝手にしっかり字が書けてる人みたいに見える。難点は水性だか郵送には使えないし気をつけないとにじむところ。紙との相性も考慮する必要があるけどこれで書いた自分の字が結構好き。一回テスターおいてあるところ見つけたら書いてみてほしい。レジに持っていっちゃうから。

 

 郵送するときや筆まかせがにじむなあって時はこれ。にじみにくくて書きやすい。ぺんてるの普通のサインペンと比べて芯が固めだから書きやすくて好き。

持論だけど、宛名は便箋で使うような細いペンで書くよりもある程度の太さ(ボールペンなら0.7mm~)のあるペンで書くほうが断然綺麗だし見栄えがするし、貧相な印象にならなくて装飾にも負けないと思う。封筒に宛名書くの苦手な人は文具見直してみるのがいいんじゃないかなあと妹が推しに書いてる手紙を見て思った(妹すまん)。

 

 

とまあペンにはそれなりにこだわっているけれど華やかな装飾やオリジナルの便箋や封筒を用意できる人たちは本当にすごいと思う。

今はデジタルが主流になっているけどオタクたちがいろいろと工夫しながら一生懸命お手紙書く文化すっごく好き~!書いてる人見るとにっこりしちゃう。

 

とか言ってたらお手紙書きたくなったので書いてきます。何かあったらaboutページからマシュマロまでどうぞ。